少女セクト

少女セクト

少女セクト (メガストアコミックス)

少女セクト (メガストアコミックス)

コミックメガストアに連載されていた男が最初から最後まで男が出てこない玄鉄絢のマンガ。「レズH=百合ではない」派を一蹴したマンガとして有名。というか百合界では人気になりすぎて「とりあえず粗茶ですけども」的なノリで扱われている。エロマンガでは基本的に“出会い→H持ち込み→射精&絶頂”といういわゆるヌき所全開な流れで、レズ物でもその流れや構図を応用するものが殆どだったが、玄鉄絢の「少女セクト」はその流れを踏襲せず、シチュエーションと細かいニュアンスの会話と全体の雰囲気でHシーンを描き上げた。その点で「少女セクト」は百合史上に残る功績を上げたといっても過言ではない。

耽美系と見せかけて小粋なギャグが満載であり、エロマンガでは異常とも思える舞台&キャラクター設定の細かさでアレなお兄さんお姉さん達の人気を博した。(普段エロ本も買わないような百合なお姉さん達が少女セクトのためにコミックメガストアを購入するという非常に喜ばしい現象も見られた)

成人マーク無しの一般書籍だというのが信じられない。

10/4、作者のサイト「light weight lotek journal(http://www2.odn.ne.jp/knxinfo2/fset/index2.htm)」にて第2巻収録予定の13話が単行本ページ数の都合で大幅に削られるらしいと判明。従ってコミックメガストアの13話分はかなりのプレミアが付くだろうと思われる。

* はてなダイアリーキーワード:少女セクト