平塚雷鳥

平塚雷鳥

1886年2月10日-1971年5月24日

日本の思想家・評論家・作家・フェミニスト。結婚後の本名は、奥村明(おくむら はる)。「平塚明」あるいは「平塚雷鳥」とも表記することがある。戦前戦後を通じて、日本における女性解放運動(フェミニズム)・婦人運動を指導した。

『青鞜』の運動を通じ与謝野晶子との母性主義論争で「母性主義」を唱え、山川菊栄がこの論争に加わるも、その考えを変えることはなかった。

女性の集会及び結社の自由を奪っていた治安警察法第5条の撤廃をはかり、市川房枝、奥むめおらの協力で日本初の女性運動団体「新婦人協会」を結成。平塚自身は途中で協会運営から退くものの、奥むめおと青鞜の同人でもあった坂本真琴らを中心に運動は継続、ついに治安警察法第5条の一部改正に成功する。その他、高群逸枝らの雑誌『婦人戦線』へ参加、消費組合運動等にも尽力。

第二次世界大戦後は、平和運動や女性運動に積極的にかかわり、日本婦人団体連合会の初代会長、国際民主婦人連盟副会長を歴任。「女たちはみな一人ひとり天才である」と宣言する孤高の行動家として、終生女性運動から退くことはなかったらしい。

* はてなダイアリーキーワード:平塚雷鳥