擬似性百合

擬似性百合

内容の良し悪しに関わらず主人公、メインキャラクター達に何らかの形で男の性が関わっている:性自認が男性である作品の総称。分かりやすいのが「女の子っぽい男が女装して女子高突入」「男の子が女の子になっちゃった」という物語の類。厳密には「百合」ではない。

登場人物が全員女という喜ばしくも人を限定するような物語設定を一般市場向けに軟化させるため、「男の子が女の子になっちゃった」とワンクッション置く事で感情移入させるテクニックとして使われる。メリットは女の性になりながらも元は男という視点を利用する事で容易に萌えポイントを作り出せる事。デメリットはあくまで「擬似的な性」のため、元々の百合愛好者たちの一部に拒否反応が出てしまう事だろうか。

これをもっと加速したものに「ふたなり」がある

主な擬似性百合作品

  • かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
  • お姉さまは乙女に恋してる(乙女は"ボク"と読ませる)
  • 上連雀三平先生のやまなこ同人本(笑)